前へ
次へ

交通事故の損害賠償請求を専門家に依頼する利点

交通事故の損害賠償請求については、あらためていうまでもなく自分自身でも不可能ではありません。
しかしながら、弁護士などの専門家に依頼することには、いくつかメリットがあります。
ですから、多くの人が専門家に依頼してます。
賠償請求を専門家に依頼するメリットを考えるベースとして、まず第一に、請求する上で必要となる専門性について理解しておく必要があります。
交通事故の損害賠償請求は、法的に言いますと、不法行為に基づいた損害賠償請求になります。
この場合には、被害者サイドで、どういったことが加害行為で、その行為が過失に基づくもので、いかなる損害が発生していて、それに関して関わりも認められることを主張立証することが求められます。

事務所にいる人間がどこにいるかを把握できます
どの階にいるかまでわかるので、複数階にフロアが分かれている会社でも利用可能です。

データ分析もしてくれる在籍管理のシステム
蓄積された行動データを可視化できるよう分析をしてくれます。

高齢化社会に伴い滑り転倒事故が多発
事故を未然に防ぐのが私たちの役目です

各分野の支援機関と連携しています
ハローワークや市役所と連携しながら、お客様の生活をお支えしますのでぜひご相談下さい

資料では見えない消費者の行動も把握できる会社
450万人分の消費者データを収集・分析しているので資料では見えない部分もすべてカバーすることが可能です。

契約に基づいた金銭請求だと、契約の取り交わしの条件さえ決まっていれば、金銭請求が、契約条件のいずれに基づいたもので、いかなる違反等があったのかなどのみを主張立証することになれば足ります。
その一方で、不法行為になってくると、被害に遭った人が事実などを主張立証し、それがどういった法律に当てはめられていくのかなどなどの課題があります。
ひとつの例として、加害行為と言いましても、現実的にいかなる加害行為である交通事故だったのかということを主張立証することが求められます。
単純に交通事故に遭ってしまったというだけでは十分でないことになります。
損害につきましても同様に、実際的にいかなる損害がもたらされ、そのことが金額的にはどれほど評価されるのかという事でも主張立証することが求められます。
関係性も同様でしょう。
とりわけ主張立証のハードルが高いのが、加害者の過失の主張立証になります。
過失といった内心的な物を客観的事実より立証することが必要です。
したがって、高レベルの専門知識が入り用となってくることもあり得ます。
また、交通事故と言えば、象徴的なものは当然自動車事故といえるでしょう。
自動車事故にあたっては、自動車損害賠償保障法により自賠責保険が備え付けられているので、さしあたってこれについての専門的な知識が大事となってきます。

Page Top